CSR(企業の社会的責任)への取り組み

株式会社カワチョーではCSR(企業の社会的責任)を果すためには、運送会社にとってもっとも重要な「安全・品質・環境」に対する取り組みが重要課題と考え、当社の事業活動を通じて、その実現に向けたさまざまな取り組みを実施しております。

安全への取り組み

輸送の安全に関する基本方針
株式会社カワチョーは、輸送の安全確保が最も重要であることを自覚し、法令の順守はもとより、安全に関して継続的改善を行い、環境にも配慮した運転をすることで無事故社会の実現に寄与し、誰からも信頼される物流企業を目指します。

アルコールチェックの徹底

飲酒運転ゼロのための再確認として、点呼時にアルコール検知器による酒気おびのチェックを義務づけています。

ドライブレコーダー・タコグラフの導入

運転管理および事故防止のためにドライブレコーダーやタコグラフを車両に搭載。蓄積されたデータを分析し、安全運行の指導に役立てています。

定期的な安全会議の開催

毎月定期的に社内安全会議を開催、スタッフ同士で業務で行ったことの情報交換を行っています。事故の発生を抑える為の情報や、何の為に取り組むのかなど、目的意識の再確認などを行っています。

運行前車両点検・整備の徹底

事故ゼロを目指し、担当ドライバーが決められたチェック項目に基づき、運行前に車両の点検を行っています。点検・整備を徹底することで、故障による事故を未然に防ぎ、常に万全な運行体制を敷いています。

品質への取り組み

株式会社カワチョーは品質方針を以下のように定め実施します。

品質方針

誠意あるサービスで、品質向上に努め、「安全」「確実」「迅速」な物流システムを実現し、顧客の満足を得る。

環境への取り組み

株式会社カワチョーは環境方針を以下のように定め実施します。

理念

当社は、明るい豊かな未来の実現に向け、環境問題に真摯に取り組み、物流企業として地球環境の保護に貢献します。

基本方針

  1. 当社の事業活動が環境に与える影響を考慮しながら環境マネジメントシステムを構築し、その有効性を監査・レビューすることにより、これらの継続的改善を図ります。
  2. 当社が適用を受ける環境法規及び当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  3. 省エネルギー化・省資源化に努めるとともに、運搬業務においてはエコドライブ(省エネ運転)に配慮し、汚染を予防します。

この環境方針は全従業員に周知徹底するとともに、一般の人が入手できるよう維持します。

株式会社カワチョー
2005年6月1日
代表取締役 川面 長司